Tarja Turunenとのコラボ、「Paradise (What About Us?)」について途中まで書いて、ずっと放置していたのだが、そちらは続けて放置しながら、同じWithin Temptationの、2011年に発表された1枚前のアルバム「The Unforgiving」からの1曲。

 元々iPhoneにも入れていたのだが、あまり意識していなかった。たまたまYouTubeで本筋とは関係ない動画を見て、こんな曲だったっけか?と思って、そこから毎日聴いているのだ。

この動画は、2012年の『タイタンの逆襲(Wrath of the Titans)』という映画を編集して、この曲の背景に当てているのだが、意外に歌とマッチしていていい感じなのだ。つい映画も観たくなった。

映画は『タイタンの戦い』の続編な訳だが、この『タイタンの戦い』自体が、1980年頃の映画のリメイクだったりする。

 さて、「A Demon’s Fate」だが、そもそも悪魔の運命というタイトルなので、当にこういう神話的スペクタクルはぴったりきてもおかしくない。ゴシックメタルらしくオーケストラアレンジも秀逸で、うまく楽曲に融け込んでいる。
 ヴォーカルのシャロンは、個人的には普通すぎてそれほど好きかと訊かれれば、そうでもないのだが、だが、メタルの女性ヴォーカルは、時々とてつもなく下手なのがいるので、そういう意味では彼女は素晴らしい。歌唱力は抜群だと思う。
 リズムギターを弾いているウェスターホルトとはパートナーらしいが、結婚しているのかよく解らない。ただ、ほとんどの曲がこの二人によるので、Within Temptationはこの二人のバンドであると言ってもいいのかもしれない。
 96年デビューらしいのでもう20年選手。なのに6枚しかアルバムを出していない。それはそれですごい感じもする。3~4年に1枚のペースなので、そろそろ次のアルバムが出る頃かも知れない。

 未だにレインボーとかディープ・パープルを聴いているわけだが、それはそれとして、21世紀の音楽もなかなかいいのだ。
 でも、ジャスティン・ビーバーとか、アリアナ・グランデとか、全く聴かないんだよな~。セリーナ・ゴメスは聴くのに。
 昔に比べて、情報量が多すぎて、追う気が無くなるというのもあるかも知れない。
 

ohhohoho

you’ll burn this time
Seeing the violence
It’s feeding my mind
No one is saving you
How can you find
A heaven in this hell?

Leave it behind
Hearing your silence
It screams our goodbye
Cannot believe it’s an eye for an eye
Life is gone to waste

Angels have faith
I don’t want to be a part of his sin
I don’t want to get lost in his world
I’m not playing this game

When the shadows remain in the light of day
On the wings of darkness he’ll retaliate
He’ll be falling from grace
Till the end of all his days

From the ashes of hate
It’s a cruel demon’s fate
On the wings of darkness
He’s returned to stay
There will be no escape
Cause he’s fallen far from grace

ohhohoho

What have you done?
Is this what you wanted?
What have you become?
His soul’s not forsaken
You’re walking alone
From heaven into hell
Now that you know
Your way in this madness
Your powers are gone
Your chains have been broken
You’ve suffered so long
You will never change.

Angels have faith
I don’t want to be a part of his sin
I don’t want to get lost in his world
I’m not playing this game

When the shadows remain in the light of day
On the wings of darkness
He’ll retaliate
He’ll be falling from grace
Till the end of all his days

From the ashes of hate
It’s a cruel demon’s fate
On the wings of darkness
He’s returned to stay
There will be no escape
Cause he’s fallen far from grace

Angels have faith
I don’t want to be a part of his sin
I don’t want to get lost in his world
I’m not playing this game

When the shadows remain in the light of day
On the wings of darkness
He’ll retaliate
He’ll be falling from grace
Till the end of all his days

From the ashes of hate
It’s a cruel demon’s fate
On the wings of darkness
He’s returned to stay
There will be no escape
Cause he’s fallen far from grace

アルバム自体、曲は粒ぞろいだ。名盤かどうかという話は好みの問題なので、個人的にはこれは名盤。

昨月発売になった『ローダン NEO』の第1巻を読み終わった。

 基本的なプロットとしては、正編の「宇宙英雄ローダンシリーズ」と同じで、月に行ったアメリカ人のローダン少佐が、月面でアルコン人と出会い、白血病のクレストを治療すべく、ゴビ砂漠に降り立つという話が、正編のシェール&ダールトンに代わってフランク・ボルシェという一人の作家によって書かれている。
 週間ベースの正編とは違い、隔週で以前の2話分が1話として描かれている。

 大きな違いは、1971年の人類初月面到達が、既にアームストロングご一行で69年に済んでしまっているので、2036年に消息を絶った月面のアームストロング基地を調査しに行くという内容になっている。
 ローダンの腹心レジナルド・ブルの愛称がブリーからレジに代わっているのが、少し痛い。

 ただそれよりも、ジョン・マーシャルとその仲間たちの方が気になる。既にシド・ゴンザレスという少年が、明らかにテレポーターで、タコ・カクタの出番が無さそうな気配がある。タコ・カクタ、タマ・ヨキダ、イシ・マツ(これは女性)などの日本人がこのネーミングセンスの洒脱さと共に、初期ローダンのいいところなのだが、何となく今回のはちゃんとしている。

 マーシャルも、バターパンを食べながら銀行強盗を防ぐ、とぼけた男ではなく、ストリート・チルドレンを救うためのNPO的な事物として描かれているのだが、この辺りが、時代と共に作品により深みを持たせようという意図が見えるのだが、この辺りが少しまだるっこしい。

 全体として、純粋なエンターテイナーから少し脱却して、少し小説としての深味を足してみましたという部分が見えるのだが、まあそれでも第1巻、どうなるのかがこんごたのしみ。
 2巻の表紙はきっとトーラなのかな?と思うのだが、ぼくはおっさんなので、納得いかない。