急げ風のように / 平田隆夫とセルスターズ

 平田隆夫とセルスターズといえば、世間的には『ハチのムサシは死んだのさ』だと思うが、個人的には『悪魔がにくい』だ。
 でもこの『急げ風のように』もいい。
 この歌は小川真由美が主演した『浮世絵 女ねずみ小僧』という時代劇の主題歌だが、残念ながらドラマはほとんど見たことがない。
 wikiで見るとこの曲は平田隆夫の曲ではないようだ。『悪魔がにくい』などのように、歌謡曲らしい歌謡曲なので、てっきり自分で書いていると思っていた。

夜は我らのもの 夜はみんなのもの
みせかけだけの言葉は ここでは通らない
夜は広くやさしい 夜は二人を包む
がんじがらめの平和は どこかに飛んでゆけ
急げ風のように 勝手気ままに
広い世界へさあ ついて来い
信じあえる何かと 愛しあえる何か それだけあれば

恋は苦しいもの 恋は不安なもの
言い古された言葉が 何故か新しい
恋は全てをうばい 恋は全てを与える
口先だけのことなら いますぐすててゆけ
急げ風のように 何ものこさず
明日の世界をさあ つかみとれ
たたかえる何かと 守りぬく何か それだけあれば

 そしてこれには別歌詞バージョンがあり

街が眠る頃 夜の虹が出る
名もない人の希望が かける夢の虹が
おいで鎖りをはずし しなやかな獣になり
奪い取られた何かを 取り戻しに行こう
夜はあたたかい 夜は美しい
愛し合うだけ 他に何がある
もう一人のお前を もうひとつの人生を
誰も知らない

時は歩みを止め 星は流れない
ブルーの闇は自由をたたえた海のよう
おいで悲しみを脱ぎ生まれたままの心で
とらわれている明日を解き放しに行こう
夜はあたたかい夜は美しい
愛し合うだけ他に何がある
もう一人のお前をもうひとつの人生を
誰も知らない


『真夜中の子守唄』というタイトルでヒデとロザンナが歌っている。こっちもいい。

 ん~しかし、出門ヒデも平田隆夫も、もはや鬼籍に入ってしまった。昭和なんだな~。これらの歌。