21世紀

 ヨドバシカメラからカタログ冊子が送られてきた。年末やボーナス時期、新入学時期などに送られてくるものだ。意外と読み応えもある。が、基本はカタログだ。  しかし、それを見ていてふと思った。  確かに21世紀は科学の時代だ。 …

夢の話

 今、夢の話を読んでいる。講談社のブルーバックスの一冊だ。(夢の科学ブルーバックス)  夢をなぜ見るのか、そしてどういう仕組みで見るのか、どういう意味があるのかといった問題を、脳科学の面から解りやすく説明している書籍で、 …

タイムマシン

 タイムマシンと言って、別にウエルズの小説の話題じゃない。  だがウエルズの昔から、あるいは時間旅行という意味では、マーク・トウェインという先達がいるが、不可能でありながら尽きせぬ魅力あるテーマである。  そもそも時間と …

地震

 今日、新潟を中心に大きな地震があった。  私は近くのスーパーで酒売り場にいた時だった(結局酒は買っていないが)。酒の什器が意外に大きく揺れていた。その後知り合いから電話で、新潟で大きな地震があったことを知った。  今年 …

量子論の世界

 私が量子論の本を詳しく読むようになったのはごく最近のことだ。  相対性理論に関しては、10代の頃から興味があり、本を読んでいた。アインシュタインは私にとって尊敬する人物だった。尤も、相対性理論への入り口はSFではあった …

小惑星の接近

 この29日にトータチスという小惑星が地球に近づくらしい。  月までの距離の4倍に当たる155万キロの距離を通過するという。155万キロというと時速60キロの車で約3年かかる距離だ。影響はないというが、天文学的にはとても …