ギタリスト

 たまたま、NHKのBSなんちゃらいう番組を、地上波で再放送をしているのを途中から見た。3大ギタリストをテーマとした紹介番組だった。

 3大ギタリストと言えば、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジだが、ぼくはこの3大ギタリストという呼称が嫌いだ。極論すれば、元ヤードバーズというだけのことで、敢えて3大という風に祭り上げる意味がよく分からない。

 ということで、自分にとってギタリストという場合、どういうラインナップになるのだろうか?と考えてみた。
 例えば、ぼくはスコーピオンズが好きだが、スコーピオンズのギタリストという意味では、あまり意識したことがない。この人が弾いているという認識だ。同様に、ホワイトスネイクも「ホワイトスネイク」というアルバムの前後では、まったく方向性が違うが、でも、違うというだけだ。

 ぼくがギタリスト、として第一に名前を挙げるとすれば、それは、マイケル・シェンカーだ。
 前述したスコーピオンズの初代ギタリストではあるが、そのキャリアは置いておくとして、UFOの「現象(Phenomenon)」に収録された「ロック・ボトム(Rock Bottom)」のギター・ソロが、ぼくにとってはギターソロの最高傑作だ。曲全体としては、フィル・モグという人の声がそれほど好きではないので、どうかなと思うが。マイケル・シェンカーは、まったくボーカリストを選ぶ目がない、とぼくは思っている。尤も、モグは、彼が選んだわけではないので、縁がない、という方がいいかもしれない(UFOファンには怒られるな・・・)。

 次は、リッチー・ブラックモア。ある意味この人は別格なのだが、リッチー自体が好きかと言われると、ソング・ライターとしては、僕の好みの曲をたくさん書いてくれているので好きだし、ギター・プレイもすごい。だが、すげーぜとは行かない。実は、マイケルもすげーぜではない。好きなだけだ。

 ここからは3位以下だか、すげーぜとなる。
 ジェフ・ベック、カルロス・サンタナ、ロリー・ギャラガー、ロビン・トロワー、ニール・ヤング、テッド・ニュージェント、デイヴ・メイソン、ジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、ポール・コゾフ、アルヴィン・リー
 順不同だが、こんな感じになる。

 もちろん、エリック・クラプトンだって、今これを書くときかかっているサンタナバンド時代のニール・ショーンだって、ゲイリー・ムーアだって、デヴィッド・ギルモアだって、スティーヴ・ハウだって、ロバート・フリップだって場合によっちゃ、マーク・フファーナーだって、他にも素晴らしいギタリストは大勢いる。だが、ロバート・フリップが好きでクリムゾンを聴いているのではなく、イエスも、ピンク・フロイドも、GFRもそうじゃないんだな。
 ジェフ・ベック以下のギタリストは、彼らのギターの音が好きなのだ。
 デイヴ・メイソンなんて、彼にしか出せない音色だし、メロディーだ。
 今更ジミ・ヘンでもないが、ジミ・ヘンは外せない。
 インペリテリがいくら速くても(すでに古いか)、速弾きははアルヴィン・リーだ。
 マイケルとリッチーは、どうやら作曲家としてのなにやらぼくにフィットする世界が、ギタリストとしての株も上げているのだ。

 今日は名前を挙げただけ。続きはいずれ。
 

スコーピオンズ?ロンサム・クロウ

 スコーピオンズ(Scorpions)のデビューアルバムであるロンサム・クロウ(Lonesome Crow)は、1972年に発売されたアルバムで、ぼくが初めて聴いたのは、1980年代半ばだったと思う。それまではスコーピオンズのファーストアルバムを「電撃の蠍団(Fly to The Rainbow)」だと思っていた。

最初に買ったスコーピオンズは「狂熱の蠍団(Virgin Killer)」だった。当時大学生で、クラシックを聴くサークルに所属していたが、そこでは直接問屋にレコードを買いに行っていて、レコード店の仕入れ価格で購入することができた。そして、それをまとめて買いに行く係というのがあって、1年生の時その担当をしていた。確か、半年その係をすると、部費で、好きなレコードをもらえたのだが、それでもらったのが、このレコードだった。

「狂熱の蠍団」はたぶん、スコーピオンズの中で 一番うるさいアルバムだろう。クラシックサークルで、それをご褒美にもらったわけだ。

その後、2nd「電撃」3rd「復讐の蠍団(In Trance)」と購入し 、「蠍団爆発(Tokyo Tapes)」まで購入した。間に入る4th「暴虐の蠍団(Taken by Force)」は、だいぶ後になってから購入した。

彼らは、ベルリンの壁が崩壊したときに演奏をしたり、ベルリン・フィルと競演したり、 現在でも活躍しているし、相当売れているバンドでもある。

2nd「電撃」辺りを聴くと、メロディアスなハード・ロックで、とても日本で売れたのが解るメロディラインだ。後のジャーマンメタルなどにとても大きな影響を与えたのが解る。

メンバーはヴォーカルのクラウス・マイネとギターのルドルフ・シェンカーが不動で、最初から現在に至るまで在籍している。要するにこの二人のバンドなのだ。

ファースト・アルバム「Lonesome Crow(恐怖の蠍団てついていたらしい)」の時は、ルドルフの弟、マイケルがリードギターを弾いていた。マイケルは2ndに曲を書いているが、バンドからは抜け、UFO、MSGとこちらもスコーピオンズとは別なハード・ロックで活躍している。マイケル・シェンカーはとても優れた作曲家だと思うし、それは非常に日本やヨーロッパ向けのメロディラインだ。

2ndからウルリッヒ・ロート(ウリ・ロートと言われていた)、「ラヴ・ドライブ(Love Drive)」からは現在のマティアス・ヤプスにギターが変わっているが、このマイケルが参加した「ロンサム・クロウ」だけが特に異質な音作りをしている。マイケルの曲調からすれば、2ndの方がマイケルらしいので、まさにプロデュースの問題なのかもしれない。

全体を通して、メジャーコードの曲が1曲もなく、アルバムタイトルにもなっている「Lonesome Crow」などは13分を超える大曲だ。おそらく90年代以降にファンになった人には、全く別のバンド、聞きづらいアルバムに違いない。

だが、この重苦しいアルバムが、僕は大好きだ。 クラウスの歌は、この頃から本当にうまいし、マイケルのギターはとても10代とは思えないテクニックだ。

よくプログレと言われるが、まさに当時のプログレッシブ・ロック的な要素を持っている。尤も、クラシック寄りではなく、 ジャズ寄りだ。リズムや、インプロヴィゼーションぽいギター演奏など、ライヴ・ハウスで全体を切れ目無しに演奏してそうな内容だ。そして、プログレの中ではハードな方だ。クリムゾンやピンク・フロイド好きのプロデューサーだったに違いない。

僕は7が最も好きだが、4などには後のUFO等に通じるものがある。
Lonesome Crow
1. I’m Goin’ Mad
2. It All Depends
3. Leave Me
4. In Search of the Peace of Mind
5. Inheritance
6. Action
7. Lonesome Crow