アップルのいくつかのアプリは勝手にチェックされて更新を求めてくるが、iPhoneにして以来、プレイヤーとしては使わないが、なくてはならないアプリになった。
 本日も、更新が来ていたので、普段同様そのまま更新を許可した。
 ところが、最後の最後でエラーが出て、手動でインストールするように求めてきた。
 仕方ないのでiTunesを起動しようとすると起動しない。
 仕方が無いのでまずPCを再起動すると、msvcr80.dllが無いと出た。以前にも確か無くなったことがあるファイルだと記憶していたが、いきなりファイルが見つからないというのは、少しびびる。
 それをコピーして再度挑戦。しかし上手く行かない。今度はC+ランタイムエラー。
 仕方ないのでググって原因を探すと、似たような例はいくつかあり、結果的にアップルのサイトでitunesに関するアプリを取りあえず全部削除して再インストールというのを見つけてそれにトライ。
 iTunesを削除、Qicktimeを削除、Apple Application Supportを削除、Apple Mobile Device Supportを削除・・・・できない!
 このApple Mobile Device Supportが、どうやっても削除できない。
 まず、プログラムのアンインストールから数回やってみたが、しばらく振興した後、プログレスバーが逆向きにすーっと戻って終わってしまう。ググった結果で、変更からRemoveでできるとあったので試したがだめ。
 このプログラムはiPhoneなどのデバイスを管理するものだと思うのだが、起動時に自動スタートするのでそれを停止してやってみたが上手く行かない。
 この辺りは順番に削除しないとエラーが起こるなどとアップルが脅かすものだから、大変時間を食った。で、時間を食ったからできたわけではない。
 しかし、この先iTunesが使えないのはやはり困る。音楽を聴くのはWinampだし、iPhoneでなければiTunesなど無いままでいいのだが、どうにかしないといけない。
 まあ取りあえず、ここまでがんばったのだから、一回iTunesをインストールし直してみよう。
 まさかこれで解決だとは!
 尤も、渦中のプログラムは結果的に削除できなかったわけで、はっきり言って、プログラムのアンインストールで削除できないようなプログラム作ってんじゃねーよ!というのがユーザーとしての心境だ。
 またもや自分の中で、アップルの印象がだだ下がりな騒動だった。

 

 David CoverdaleはWhitesnakeのヴォーカリストで、オーナーみたいなものだ。
 彼のFacebookページがあるので、以前からフォローしていた。・・・このフォローという言葉、TwitterでもFacebookでもフォローでいいみたいですね。

 おかげで久々に日本公演をすることを知った・・・行ってないけど。昔、まだミッキー・ムーディーとバーニー・マースデンがギターを弾いている頃、中野サンプラザまで行った記憶がある。今ではサンプラザも遠くないが、かつては埼玉県に住まいだったので1時間は近くかかった。まだ学生の頃だ。

 そのデヴィッドが、先日からFacebookに自らのツィートを載せるようになった。

 うざい!

 更新しないTwitterならともかく、毎日何回もツィートする。しかも英語で・・・・
 おかげでフォローの少ないぼくのFacebookは、半分以上がデヴィッド・カヴァーデールだ。何言ってるかもよく解らないし。
 
 ならやめればいい、ということなのかもしれないが、基本はファンという悲しい性、それができない。以前のように適度に発言してくれればいいのに・・・
 
 なので今日のブログは単なる愚痴です。

 しかし、FacebookとTwitter似たようなもので、棲み分けしているんだから、混同しなくても。
 ホームページやブログの更新ならいいけど。

 とはいえ、同じ内容をFacebookで精力的にしていると考えればいいのかな?
 それにしても友人が100人も10000人もいる人たちの画面てどうなっているんだろう?
 単純な疑問です。

何とも下書きばかりたまりつつ、相当な亀更新になっているブログである。

さて、Amazonからのメールマガジンというか商品案内のメールを見て、Office2013が2月7日に発売されることを知った。Officeソフトはかつて、DOS/VからWindows3.1に移行したときに、一太郎+Lotus123という企業標準コンビをいつの間にか駆逐し、今ではおじいちゃんおばあちゃんでも、PCを使う人ならば、あたかもこれしかワープロや表計算は無いのではないか、というくらい標準のソフトになっている気がする。取りあえずWordとExcelに関してはそうだと思う。
自分自身も使っているが、しかしそれほど多く使うわけでも無いので2003を使い続けていた。
時々アップグレードしようかと思いつつ、ずるずるときたわけだが、今回Amazonを見て、はたとある一文に目がとまった。

「【Office 2000、XP、2003、2007をご利用の方へ】2013年2月7日発売の次期Office以降「アップグレード版」の販売がございません。」

つまり、Office2013以降は、バージョンアップに関しては新品を買えということらしい。

というラインナップになる。
ただなぜか発売時に「アップグレード優待パッケージ [プロダクトキーのみ]」というのがプロフェッショナル版だけ数量限定で発売されるらしい。

以前であれば、ACCESSが必要な頃もあったので、これはありがたいが、現在はもうACCESSも使わないのでこれは余分だ。しかし、なぜかプロフェッショナル版しかない。
マイクロソフト、やってくれるぜ!なのだが、どこぞのAdobeほどイカレた価格設定ではないので、やむを得ないというところだろうか。
ただ最近は、2年有効のライセンス販売みたいなものあるらしいので、そういうのをうまく利用しながら、費用を抑えていくしかないのかも知れない。
と思っていたところ、じつはOffice2010にはアップグレード版があり、しかも2013の発売に辺り、2013への無償アップグレードパーッケージというのが、しばらく前から発売されていて、それを買えば、今現在最も低廉な形で、Office2013が買えることになる。

それがこれだ。

2010だけであれば、中国かな?の並行輸入品が安価だが、2013を目標とするなら、これが一番お得だ。
Home&Businessとプロフェッショナルなら以下

今、Atokを使うために毎月300円支払っているが、年間にすると3,600円2年間で7,200円になる。
Office2003を2003年に使い始めたとしてそれから10年、いくらで購入したかもう忘れたが、2013(Personal)を5年使うなら、月々260円程度、3年なら360円ということになる。そう考えると、使用頻度から考えても高い買い物ではない。

まあ、2003から2013、キリのいい替え時だったかもしれない。

このAnti・Appleな俺が、Macも、iPodも、拒否し続けて来た俺が、今iPhoneから、このブログを書いている‼
やはり2012年は終末の年なのか?

クソ!

でも、これまでの携帯より、断然使いやすいぞ。困ったものだ。
Webを携帯では、ほとんど使わなかった俺にはパケット代も嵩む!

なのに、ちょっと楽しいのが腹立たしい。

いろいろ使うまでは、四苦八苦だと思ったけど、案外簡単で困らない。

そもそも、仕事柄もあり、そろそろスマホに変えようとは思っていたが、前の機種の分割が4月まで残っていたので、今月機種変ということになった。

SoftBankの策略にもはまり、月々の料金が一番リーズナブルで、尚且つ、Webでの評判もいい、iPhone、 しかもAndroidを使う友人の愚痴が最後の一押しとなり、迷わず、ヨドバシの新しい携帯売場で、iPhoneに、と言ってしまったのだった。

まあ、せっかく買ったのだから、使い倒してやろうと、最初にやったのは、自分の持っているWhitesnakeとSantana、Rainbowなどの曲を短く切り、iTunesでaacに変換、拡張子を変えて、着メロにすることだった。
前の携帯と同じにしておかないと、曲と友人の関係がぐちゃぐちゃになりそうだったからだ。

これでブログの更新もできるようになったし、iPhoneバンザイ。

でも、Anti-Appleの旗は下ろさないぞ。

 先日テレビのニュースで、作家の名前は覚えていないが、出版社から全く相手にされなかったのに、自ら電子出版のサイトに掲載したところ、評判が評判を呼び、ベストセラー作家になったという外国人が出ていた。
電子出版にもいい面と悪い面があると思うが、悪い面はどんどん是正されていくはずなので、いい面を見ていく方がいいと思う。
 そういう意味では、書籍を多量に携帯でき、なおかつどこでも新しい本を手に入れることができるというのは、夢のような話だ。どんなに映像が利用しやすくなろうと、文字で描かれた作品が無くなることはない。それは、ビデオがいくらきれいになっても、静止画として写真が無くなることはないし、絵画が無くなることもないのと一緒だ。
 淘汰されるジャンルではないと思う。書籍類が淘汰されるとしたら、人類は完全に滅亡への道を歩いているはずだ。
 よく「紙のにおいが」とか、「本のぬくもり」とかを理由にキンドルのような電子メディアを好まない方がいるが、それは好みの問題なので仕方がない。だが、そういうノスタルジックな理由を除けば、あとは画面が見にくいとかかさばるなどの物理的に解決できる部分がほとんどなので、遠からず紙とタブレットが入れ替わるに違いない。もちろん、レコードがCDに変わったほどの劇的な変化はないと思うし、紙の本が完全いなくなると言うことも、(無いとは言い切れないが)ほぼ無いだろう。紙には紙の利点もあるからだ。・・・遠い将来は解らないが。
 洗濯は洗濯機でするとか、朝起きたらテレビを付けるとか、少なくとも自分の親の世代が生まれた時期には、ほとんどの世帯が持っていなかったような利器が、今では常に目の前にある。同じように、本も新聞も、タブレットで読む時代が来る。というより、既に来ているわけで、ただそれが当たり前になるためには時間がかかるだけのことだ。
 書籍の値段は間違いなく下がるし、最後の1章を除いて全部ただで読ませるといったサービスも出てくるだろう。リンクを使って、あちこちとばし読みして、ストーリーを継いでいくような、ゲーム的な要素の高い作品や、同じテーマの作品を一気に読めたり、翻訳ソフトが十分に使えるレベルになれば、海外の書物も、翻訳家の翻訳を待たずに普通に読めるようになるかもしれない(今のレベルでは、そういう時代が来るかは不安だが)。
 いずれにしても、ここで想像すらできない方法が当然あり得るわけだ。
 何より改善が望まれるのは、やはりバッテリーで、これがどれほど保つのか、あるいは予備がどこでも手に入るのか、太陽電池などを内蔵して、電卓などのようにコンセントレスで駆動できるようになるのか、実は紙の本では起こりえないようなトラブルこそが、最もネックになる。
 本は、例えばどこかのお店に置き忘れてしまっても、最悪また買えばいいというレベルだが、ハードがそこまでの値段に落ちるか解らないし、中身にことも考えれば、非常に高価なものになる。ただそのあたりは、蔵書のクラウド化みたいなことが、一つの解決策なのかもしれない。いずれにせよ、ネットワークが鍵を握る。
 PC内に取り込んで引用したい場面もあるだろうし、せめて夫婦や兄弟など、あるいは近しい友人間でくらいは共有したいに違いない。それらの規制を全てかけると、むしろ文化としての広がりを阻害していく恐れがある。
 不特定多数に、共有ソフトで音楽などを配るのは問題があるとしても、友人間の貸し借りなどは、あまり規制すべきではないし、デジタル放送などが行っているコピー防止策も、ひいては自分たちの首を絞めることになる。
 書籍も同様だ。私が初めて本を読みたいと思ったのは、友人が貸してくれた偕成社と言うところから出ていたSFシリーズのおかげだった。彼がそれを貸してくれなければ、本嫌いのままの人生だったかもしれない。少なくともこれまでに私がSFに対して投資した多くが、出版社に入らなかったかもしれないのだ。
 著作権を守るにしても、守り方というのが大切になる。
 電子書籍は、そういった不安も抱えつつ、だが遙かに期待すべき部分が多いメディアであると思うのだ。
 

 日本でiPadが発売されて、ほぼ5ヶ月が経つ。iPadのようなものをメディア・タブレットと呼ぶらしいが(ショップの分類ではたいがいタブレットPCなどになっている)、iPad以外に既に数種類の機種が発売になっている。
 アマゾンで見ると
 本家
 Apple iPad Wi-Fi + 3G ★64GB★ (海外SIMフリー版、日本式電源プラグ付)
の他に
 SHARP Net Walker (ネットウォーカー) モバイルインターネットツール ブラック系 PC-T1-B
 ハイテックシステム 12.1インチ Mobile Tablet PC (Touch) T231
 世界初 アンドロイド搭載 7インチ インターネットタブレット (パールホワイト) – 新バージョン
 English OS Toshiba libretto W105-L251, 7-Inch Dual Touchscreen Laptop 【並行輸入品】
 などが並び、ヨドバシカメラを見ると
 オンキヨーのTW
 ハロッズ A7
 なんて言うのもある。
 また、これは前述のものとは違うし、そもそも日本語版はでていないので何だが、
 Amazon Kindle
 は、そもそもiPadがアメリカで販売されるまでは、ブックリーダーとしてはほとんど独占だったのだと思うのだが、それもあってか、iPadが発売されたとき、なぜか同類のもののように比較され、iPadの方が多機能みたいな言われ方をした。
 でも、そもそも目的が違うので、そういう意味の比較はおかしい。
 
 そういう意味ではiPadは、タブレット型PCなのであって、「電子辞書のいいやつ」的なキンドルとは全く違う。
 iPadもどきがWindows7を装備していることでも解る。
 さて、これらのiPadやもどきは、まだまだ新しいものもでるだろうし、改良もなされていくと思う。
 
 しかし、パソコンとは違い、こういったモバイル環境で本が読めるというのは、かつて家を抜け出して、外出先で好きな音楽が聴けるウォークマンが、iPodのようなポータブルオーディオプレイヤーに変わったのと同様な変革をもたらす。
 そもそもウォークマンが変革だろうと思うかもしれないが、そうではない。今回の変化は、せいぜい数時間分の音楽しか外に持ち出せなかったものが、極端なことを言えば、持っている音楽全てを持ち出すことができる時代が来たのと同様、これまでは鞄の中に数冊の本しかもてなかったが、家の本棚全部を持ち歩くことができるようになったということなのだ。
 これまででも、ノートパソコンを持って外に出て、青空文庫のような著作権切れの作品や、ウェブ上で公開されている作品であれば読むことができた。だがノートパソコンは重い。また、起動にも時間がかかる。それに対し、起動も速く、重さもノートPCほどではないこれらのタブレットは、これまでよりずっと気軽に携帯でき、起動にも時間がかからない。最も不安な点は電池切れだ。紙の本では起こらないことだからだ。
 それと、軽くなったとはいえ、iPadは700グラムもある。携帯する書籍としては、気軽でも何でもない。大判のハードカバーを持ち歩くようなものだ。もちろん、iPadやそれに類するタブレットは、読書専用端末ではない。だから、「読書」はあくまでその一部で、様々な別の用途と抱き合わせで評価すべき商品だとは思う。
 そういう意味で、私はiPadを購入するつもりはない。iPadが実現している部分の多くはノートPCでカバーできるし、ノートの方が便利な部分もたくさんある。タッチパネルが使いやすいかどうかは個人差もあるわけで、文字を打つときのタッチパネルは、とうてい専用のキーボードには及ばない。
 こういったタブレットに私が期待するのは、やはり読書の部分だし、そういう意味ではキンドルタイプの方が、よっぽど欲しい。300グラムは、ちょっと厚めの文庫本でもあるし、片手で持って読める。望むらくは画面がカラーになって欲しいし、何より早く日本語版が出ることを望んでいる。ソフトが充実すれば、ハードはキンドルだけではなく、様々な利点を備えた商品が出てくるはずだ。
 今でこそ、iPadの注目が集まるが、私自身はよりキンドル的な商品の未来に期待している。もちろん、iPadのような商品は、今後様々な改良が加えられ、ノートPCとの境界も曖昧になりながら、発展して行くに違いないが、それは多機能型タブレットとしての発展だ。
 読書を目的としたモバイルハードは、携帯電話では小さすぎるし、機能的にも多すぎる(iPhoneなどのスマートフォンでも大差はない)。メールやデータベース、メモなどのような昨日程度を付加し、読書に特化したハードが、一つのジャンルとして読書文化を形成してくれることを願っている。
 
                                             つづく

 年末に年賀状を印刷していると、「~様」の部分がよれよれになった。紙を送るローラーが滑って、厚手の紙をスムーズに送れなくなっているようだった。ローラーをきれいにすれば直るのかも知れないが、そんな時間もないのでプリンタを買った。
 HPのプリンタを買った。エプソンやキャノンは、素晴らしい解像度だが、高い。
 悩んだのは、CDやDVDのレーベル面に印刷できる機能だ。HPのには付いていない。
 しかし、1~2万も違うと、その悩みもそれほどの影響力は持たない。HPにはHPの良さがある。
 購入してみてちょっとそれを実感している。前の機種もそうだったが、自動両面印刷というのはなかなか捨てがたい機能である。片面を印刷した後、機会がそのままそれを吸い込み、次のページを裏面に印刷してくれる。
 紙も節約できるし、量が多い場合などは、コンパクトにもなってありがたい。・・・時折、紙を咬み破けることがあるのだが、咬みの入れ方がまずいらしい。
 それと、今回のプリンタは、よくは解らないが、インクを無駄にしないようにできているらしい。メンテナンス時にこれまでは消費していたインクを回収してリサイクルするという。実際にインクの減りが遅いのが実感できる。
 これまでのプリンタも十分使えていたので、オークションで裁こうと思ったが、さすがに売れない。それでも、インクのランニングコストで、そのうち元が取れそうな気もする。あ、スキャナも付いていたので、古いスキャナも処分できる。
 いずれにしても、プリンタも商売道具なので、そこそこしっかりしたものは使わないといけない。
 今度はパソコンなんだな・・・・なかなか