iTunesに関連するアプリケーション

 アップルのいくつかのアプリは勝手にチェックされて更新を求めてくるが、iPhoneにして以来、プレイヤーとしては使わないが、なくてはならないアプリになった。
 本日も、更新が来ていたので、普段同様そのまま更新を許可した。
 ところが、最後の最後でエラーが出て、手動でインストールするように求めてきた。
 仕方ないのでiTunesを起動しようとすると起動しない。
 仕方が無いのでまずPCを再起動すると、msvcr80.dllが無いと出た。以前にも確か無くなったことがあるファイルだと記憶していたが、いきなりファイルが見つからないというのは、少しびびる。
 それをコピーして再度挑戦。しかし上手く行かない。今度はC+ランタイムエラー。
 仕方ないのでググって原因を探すと、似たような例はいくつかあり、結果的にアップルのサイトでitunesに関するアプリを取りあえず全部削除して再インストールというのを見つけてそれにトライ。
 iTunesを削除、Qicktimeを削除、Apple Application Supportを削除、Apple Mobile Device Supportを削除・・・・できない!
 このApple Mobile Device Supportが、どうやっても削除できない。
 まず、プログラムのアンインストールから数回やってみたが、しばらく振興した後、プログレスバーが逆向きにすーっと戻って終わってしまう。ググった結果で、変更からRemoveでできるとあったので試したがだめ。
 このプログラムはiPhoneなどのデバイスを管理するものだと思うのだが、起動時に自動スタートするのでそれを停止してやってみたが上手く行かない。
 この辺りは順番に削除しないとエラーが起こるなどとアップルが脅かすものだから、大変時間を食った。で、時間を食ったからできたわけではない。
 しかし、この先iTunesが使えないのはやはり困る。音楽を聴くのはWinampだし、iPhoneでなければiTunesなど無いままでいいのだが、どうにかしないといけない。
 まあ取りあえず、ここまでがんばったのだから、一回iTunesをインストールし直してみよう。
 まさかこれで解決だとは!
 尤も、渦中のプログラムは結果的に削除できなかったわけで、はっきり言って、プログラムのアンインストールで削除できないようなプログラム作ってんじゃねーよ!というのがユーザーとしての心境だ。
 またもや自分の中で、アップルの印象がだだ下がりな騒動だった。

 

デヴィッド・カヴァーデルとFacebook

 David CoverdaleはWhitesnakeのヴォーカリストで、オーナーみたいなものだ。
 彼のFacebookページがあるので、以前からフォローしていた。・・・このフォローという言葉、TwitterでもFacebookでもフォローでいいみたいですね。

 おかげで久々に日本公演をすることを知った・・・行ってないけど。昔、まだミッキー・ムーディーとバーニー・マースデンがギターを弾いている頃、中野サンプラザまで行った記憶がある。今ではサンプラザも遠くないが、かつては埼玉県に住まいだったので1時間は近くかかった。まだ学生の頃だ。

 そのデヴィッドが、先日からFacebookに自らのツィートを載せるようになった。

 うざい!

 更新しないTwitterならともかく、毎日何回もツィートする。しかも英語で・・・・
 おかげでフォローの少ないぼくのFacebookは、半分以上がデヴィッド・カヴァーデールだ。何言ってるかもよく解らないし。
 
 ならやめればいい、ということなのかもしれないが、基本はファンという悲しい性、それができない。以前のように適度に発言してくれればいいのに・・・
 
 なので今日のブログは単なる愚痴です。

 しかし、FacebookとTwitter似たようなもので、棲み分けしているんだから、混同しなくても。
 ホームページやブログの更新ならいいけど。

 とはいえ、同じ内容をFacebookで精力的にしていると考えればいいのかな?
 それにしても友人が100人も10000人もいる人たちの画面てどうなっているんだろう?
 単純な疑問です。

Microsoft Office のアップグレード版廃止

何とも下書きばかりたまりつつ、相当な亀更新になっているブログである。

さて、Amazonからのメールマガジンというか商品案内のメールを見て、Office2013が2月7日に発売されることを知った。Officeソフトはかつて、DOS/VからWindows3.1に移行したときに、一太郎+Lotus123という企業標準コンビをいつの間にか駆逐し、今ではおじいちゃんおばあちゃんでも、PCを使う人ならば、あたかもこれしかワープロや表計算は無いのではないか、というくらい標準のソフトになっている気がする。取りあえずWordとExcelに関してはそうだと思う。
自分自身も使っているが、しかしそれほど多く使うわけでも無いので2003を使い続けていた。
時々アップグレードしようかと思いつつ、ずるずるときたわけだが、今回Amazonを見て、はたとある一文に目がとまった。

「【Office 2000、XP、2003、2007をご利用の方へ】2013年2月7日発売の次期Office以降「アップグレード版」の販売がございません。」

つまり、Office2013以降は、バージョンアップに関しては新品を買えということらしい。

というラインナップになる。
ただなぜか発売時に「アップグレード優待パッケージ [プロダクトキーのみ]」というのがプロフェッショナル版だけ数量限定で発売されるらしい。

以前であれば、ACCESSが必要な頃もあったので、これはありがたいが、現在はもうACCESSも使わないのでこれは余分だ。しかし、なぜかプロフェッショナル版しかない。
マイクロソフト、やってくれるぜ!なのだが、どこぞのAdobeほどイカレた価格設定ではないので、やむを得ないというところだろうか。
ただ最近は、2年有効のライセンス販売みたいなものあるらしいので、そういうのをうまく利用しながら、費用を抑えていくしかないのかも知れない。
と思っていたところ、じつはOffice2010にはアップグレード版があり、しかも2013の発売に辺り、2013への無償アップグレードパーッケージというのが、しばらく前から発売されていて、それを買えば、今現在最も低廉な形で、Office2013が買えることになる。

それがこれだ。

2010だけであれば、中国かな?の並行輸入品が安価だが、2013を目標とするなら、これが一番お得だ。
Home&Businessとプロフェッショナルなら以下

今、Atokを使うために毎月300円支払っているが、年間にすると3,600円2年間で7,200円になる。
Office2003を2003年に使い始めたとしてそれから10年、いくらで購入したかもう忘れたが、2013(Personal)を5年使うなら、月々260円程度、3年なら360円ということになる。そう考えると、使用頻度から考えても高い買い物ではない。

まあ、2003から2013、キリのいい替え時だったかもしれない。

WordbookerというWordPressのプラグイン

標題のプラグインを入れてみた。
これは、WordPress(ぼくが使っているブログ)に新規投稿をした際、それがFacebookのウォールに載るというものだ。

そもそも、Facebookのウォールに関する知識が怪しいが、Facebookで何も発言しないぼくとしては、せめてブログ記事のタイトルだけでも出ればいいかなと思って、インストールした次第。

この投稿は、実はそのためのテスト投稿なのだが、上手くいかなかったら、次のブログで。

あ、上手くいっても次のブログで。

で上手くいかなかったわけなんだが・・・

iPhone

このAnti・Appleな俺が、Macも、iPodも、拒否し続けて来た俺が、今iPhoneから、このブログを書いている‼
やはり2012年は終末の年なのか?

クソ!

でも、これまでの携帯より、断然使いやすいぞ。困ったものだ。
Webを携帯では、ほとんど使わなかった俺にはパケット代も嵩む!

なのに、ちょっと楽しいのが腹立たしい。

いろいろ使うまでは、四苦八苦だと思ったけど、案外簡単で困らない。

そもそも、仕事柄もあり、そろそろスマホに変えようとは思っていたが、前の機種の分割が4月まで残っていたので、今月機種変ということになった。

SoftBankの策略にもはまり、月々の料金が一番リーズナブルで、尚且つ、Webでの評判もいい、iPhone、 しかもAndroidを使う友人の愚痴が最後の一押しとなり、迷わず、ヨドバシの新しい携帯売場で、iPhoneに、と言ってしまったのだった。

まあ、せっかく買ったのだから、使い倒してやろうと、最初にやったのは、自分の持っているWhitesnakeとSantana、Rainbowなどの曲を短く切り、iTunesでaacに変換、拡張子を変えて、着メロにすることだった。
前の携帯と同じにしておかないと、曲と友人の関係がぐちゃぐちゃになりそうだったからだ。

これでブログの更新もできるようになったし、iPhoneバンザイ。

でも、Anti-Appleの旗は下ろさないぞ。

再開

 うちでのこづちを書かなくなって、はや数年、会社のブログとしてFC2に移し、「Rainbow Rising」という名で書こうとしたが、どうもやはり現在の仕事上で会社社長として書いていくのは無理があるようで、早々に挫折した。

 元々自分に何かを課すことは苦手なので、できるだけ柔に……と考えるところが、実はぼくの弱点なのだが、なかなか克服できない弱点を、少しでも改善するために、再開を決意した。まあ、決意という言葉も、今回に限り、極めて軽い。
 しかしそれでも、たまに文章の仕事を頂くこともあったりするので、日常的に文章を書き、ブラッシュアップすることは、それだけでも必要だし、かつ有用なことだ。

 文章というのは、書かないと鈍る、錆びる、そして荒ぶ。
 単語や表現を忘れるのは、何も年のせいばかりではなく、継続的に書かないことがその大きな理由を占めている。

 今回、psymage.comのサーバーを移転し、MovableTypeからWordpressにシステムも変えた。MovableTypeは、現在でも日本は無料での個人使用を認めているので、最初はそれをインストールしたのだが、かつてに比べてどうもシステムが複雑になり、しかもテンプレートがうまく働いていないのか、表示が上手くいかない。また、記事数が増えるごとに、再構築という作業がやはり時間もかかるし面倒だ。
 そこで、以前「王様の宮殿」という名で、音楽関係だけの記事を書いたブログを作っていたときに利用していたWordpressに乗り換えた。
 現在では他のCMSもたくさんある音はあるが、この二種のブログシステムはやはり一日の長がある。
 テーマやプラグインも豊富で、使いやすい。

 ということで、毎日書くなどという、自分にいらぬプレッシャーをかけることはやめにして、ゆるゆると、再び書き始める。

全編Flashのホームページ

 ほとんどテキストが無くFlashだけで構成されたホームページというのがある。著名な映画のオフィシャルページなどは多くがこのスタイルを取っていてカッコイイ。スタイリッシュだし、デザイン優先のホームページもできる。
 SEOのことを考えると、フルFLASHというのは、正直まだいいとは思えない。映画などの、ほとんど固有名詞に近いサイトの場合は意図的に上位に行くようにも思えるので問題はないし、検索する側も目的がしっかりしているので、これまた問題ない。
 だが一般のサイトがこれをやると、なかなか難しいこといなる。使うならテキストをしっかり別に用意して、ということだ。
 先日、パリのBon Marcheという百貨店のホームページを見たのだが、ここがフルFLASHサイトだ。
 (Marcheのeにはアクサンテギュがつく)
 カッコイイが使いにくい。デザイナーはいいと思っているに違いないが、イメージ戦略上は成功していないと言えないこともないが、ホームページとしては決していい物ではないと思う。もちろんこれも個人差があるので、断言はしないが、ホームページは料理と同じで、見栄えも大切だが本来は味で勝負なのだと思う。
 しかもここはフランス語のサイトなので、Googleの翻訳バーが翻訳してくれるはずなのだが、FLASHなので全く反応しない。ただしここには日本語のページがあるので、一応は解る。それでも日本語のページに行くためには
「Le Bon Marche Rive Gauche」というところをクリックせねばならず、結果試行錯誤が必要だ。
 尤も、この翻訳に関してはFLASHだけでなく画像ばかりで構成されたページも同じだ。
 こちらも基本はデザイン優先の結果、より綺麗な字体で見せたいなどの意図がある。
 いずれは画像やFLASHなどにも検索用の文字埋め込みなどの技術が出てくるかしもしれないが、SPAMの危険もあるので簡単にはいかないだろう。
 検索(SEO)や翻訳(日本のページだって外国人が見ないとは限らない)、使い勝手といった意味で、FLASHも画像も、上手くバランスを取って展開すべきだ。何事もデザイン優先され、なおかつ知名度もそこそこある企業は別だが、一般的な企業は、そこを間違えると、思っているほどの効果が得られないものだ。
 あくまで利用者あってのホームページだし、ぱっと見がいいだけでは決していいホームページではないということが、改めてこういうところを見ると解る。
 といっても、見栄えも重要なんですけどね
 
 
 

TAG <index>

 HTMLを自分で書く場合、あるいはソフトで書いたものをテキスト・エディタなどで修正する場合、HTMLのタグの知識は、スタイルシートの知識と共に不可欠だが、では全てのタグを覚えているかというと、その要素まで含めて全部覚えている人問のは、よっぽど自分でホームページのコーディングを毎日していない限り、そう多くはないだろう。
 スタイルシートについては尚更である。
 本を買ってもいいが、そんなときに役に立つのが、HTMLを紹介してくれているサイトである。
 TAG <index>
 は、そんな中でも見やすく、最も使いやすいサイトの一つである。
 文字コードを変換してくれるツールなども便利である。
 
 ここをじっくり読めば、普通にホームページがソフトウェアの手助け無しでもできるようになるだろう。
 とはいえ、それをするのはめんどくさいだろうから、そういう方は、是非弊社にご用命を!
 何て宣伝をしたりして。
 こういうサイトは基本的なところを学ぶのに適しているが、今後も、お役立ちサイトを順次ご紹介していきたい。今日のはジャブだな。