私の16才

「私の16才」と言えば、小泉今日子のデビュー曲だ。
小泉今日子は1982年のデビューで、この年にぼくは初めて社会に出た。勤めた会社がレコードの卸売業だったので、小泉今日子は、言ってみれば商品だった。小泉今日子は3月のデビューだが、5月にデビューした中森明菜は営業部に挨拶しに来たのを、当時経理だったぼくは、遠目に見ていた。
その中森明菜はデビュー当時から好きで、アルバムは毎回購入していた。ハードロックとクラシックに混じって、当時は自分のレコード棚では珍しいアイドルアルバムだった。
小泉今日子は、あまり歌がうまい印象がなくて(実際下手だったと思う)、ほとんど聴かなかった。経理から翌年希望を出して小売店へ配属になったとき、聴く音楽の幅が一気に広がった。それまでほとんど聴かなかったジャズを聴くようになったのもその頃からだ。
小泉今日子は、その年にブレイクする。
「私の16才」や2枚目の「素敵なラブリーボーイ」はオリコンのベストテンには入っていない。2枚目の「少女A」でブレイクした中森明菜よりは遅かった。

「素敵なラブリーボーイ」は林寛子のカバーだが、高校時代に聴いたことがあった。林寛子は歌手としてはそれほど成功したとは言えないと思う。この75年前後は、スター誕生で森昌子、桜田淳子、山口百恵がデビューした頃から、アイドルはこれでもかというほどデビューし、訳が分からない。

さて、ぼくはよく知らなかったのだが、小泉今日子のデビュー曲「私の16才」もカバーだったらしい。たまたまYouTubeでオリジナルを見つけた。
79年の森まどかという歌手の「ねえ、ねえ、ねえ」という曲のようだ。
森まどかのデビュー曲だという(13歳)「ひまわりの夏」というのもあったので聴いてみたが、なるほど、これでは売れなかっただろう。楽曲も面白くないし、演歌歌手がポップスを歌ったような感じだ。

ところが翌年に出されたという「ねえ、ねえ、ねえ」は小泉今日子の「私の16才」と、アレンジもほとんど変わらないが、歌唱力だけがかなり勝っている。
相変わらず演歌臭はあるのだが、丁寧で安定している。個人的にはこちらの方が全然いいのだが、当時素人くさかった小泉今日子が、僅か3年後にカバーし、その後の活躍を見れば、プロモーションだけの問題ではないだろう。

まあ、オリジナルに切り替えた「ひとり街角」「春風の誘惑」は、カバーの2曲よりも良かったし、「艶姿ナミダ娘」あたりからの小泉今日子のプチカリスマな雰囲気は、やはり才能だったのだろうと思う。単純にレコードを売っていたときの印象だけでもそう思う。


森まどかオフィシャル
まだ歌手をやっていらっしゃる。

白い靴下は似合わない

アグネス・チャンの「白い靴下は似合わない」は、これまでも何回か曲名だけ出した記憶がある。
この曲は、1975年、ぼくが高校1年の時の曲だ。作詞作曲ともユーミンで、当時は、「いちご白書をもう一度」や「まちぶせ」など、言ってみれば「あの日に帰りたい」の延長線上にある、マイナーコードの名曲を、ユーミンは量産していた。

アグネスは、「ひなげしの花」でその数年前にデビューしていたが、中学の友人の一人がとてもファンだった。ぼく的には、中学生だし、聴かないわけではなかったが、この曲に出会うまでのアグネスは、あまり興味の沸かない歌手だった。
だが、この切ない名曲は、アグネスのちょっとたどたどしい日本語と、線の細いきれいな歌声で聴くと、何とも高校生の心を打った。大学時代、友だちからレコードを借り、返し損ねたまま30年が過ぎてしまい、大変申し訳ない思い出もある。
また、この頃失恋したことも相俟って、この曲の思い出は35年経った今でも、鮮烈な何かがあるのだ。オヤジでもそういう時代があるのだな。

失恋の歌だ。胸の奥をぎゅっと掴まれるような、そんな気分を、忘れてしまった気分を思い起こさせてくれる。当時も結構売れた曲だ。

たまたまYouTubeで見つけた。素晴らしい。

お年を召されてからのアグネスのものもあったが、どうしてこんなに歌が下手になってしまったのか、と愕然とする内容だった。
また、別の歌手が歌ったものもあったが、全くだめだ。

まあ、思い出と共にあるから素晴らしいと思っている曲に関しては、まったくその記憶が邪魔をして、冷静な判断ができない場合もあるからやむを得ない。

泰葉 - Transit -

 このところ、泰葉はかまびすしく世間を騒がしているようだが、ブログがパンクしたというニュースを読んだ。実は詳しいことはよく知らない。テレビの何かの番組で、ブログでの過激発言みたいなことをやっているのをちらっと見た。

そんなこととは別に、泰葉と言えば、アルバム「Transit」が思い出される。81年の発売なので、まだ大学生だった頃だが、LPを購入した。クラシックとハードロックを一生懸命聴いていた頃なので(今でもさほど変わらないが)、 よく買ったと思う。

しかもCDで再発売されて買い直しているのだから、好きなアルバムなのだ。

普通のポップアルバムで、 特別すごいとは、当時も思っていなかったし、今でも思っていない。「フライデイ・チャイナタウン」で三平の娘がデビューするというので、テレビでは結構大きく取り上げられたし、調べてみるとデビュー曲はオリコン69位なので、バカ売れしたわけではない。再発されたCDの時にはおそらくCDショップにいたが、売れた記憶はない。

当時からそうだが、僕はこのアルバムの内、3曲しか聴かない。前述の「フライデイ・チャイナタウン」と、「空中ブランコ」「ミッドナイトトレイン」 だ。今でもポータブルのプレイヤーに入れている。だから時々聴く。

「空中ブランコ」は ちょっとジャズっぽいピアノが素敵な曲。「フライデイ・チャイナタウン」はなかなかユニークで微妙に演歌っぽいノリがあるポップス。「ミッドナイトトレイン」は、スローな前半から、アップテンポのロック調に変わる、ちょっとアイドル歌謡曲のような曲。

泰葉は、たぶん全部曲を自分で書いているし、アレンジも一部しているので、さすがに音楽の勉強をしてきただけのことはあるのだと思った。

アルバム全体を聞き直してみると、 「ラブ・マジック」という曲も悪くない。

最近はなかなか変わった人なんだなという印象だが、曲に関しては、聴いて楽しければそれでいいので、気にはならない。

現在廃盤のようだが、話題になっているので、再発されるかな?

1.恋1/2
2.モーニング・デート
3.ありきたりな筋書き
4.Bye-Bye Lover
5.空中ブランコ
6.LOVE MAGIC
7.フライディ・チャイナタウ
8.ミッドナイト・トレイン
9.アリスのレストラン
10.Remember Summertime

クールな恋

 このところ、ずっとレンタルで「巨人の星」を借りている。TSUTAYA DISCASというネットレンタルだ。
 現在、大リーグボール1号が完成し、オズマが登場したあたりだ。
 巨人の星というこのつっこみどころ満載のアニメは、しかし日本のアニメの歴史で、とても大きな役割を持っている。
 かくいうぼくも、小学生時代に夢中になって見た口だ。星飛雄馬の巨人軍在籍は、1968年から1970年までの3年間だという。彼は高校入学の年に甲子園に出場し、その後退学、巨人軍のテストを受けて入団している。だから、巨人入団の年齢は恐らく16才で、1軍登録は17才。そこから20才までの3年間を巨人軍で活躍したということになるのだ。
 巨人入団の1年目は巨人が4連覇した年だ。ここから巨人はあと5連覇する。そんな川上監督下の巨人だ。
 巨人の星が幕を開ける長嶋の巨人入団は1958年のことなので、星は当時7~8才と言うことになる。その時出会った花形満は、ブラックシャドーズという不良少年野球団のキャプテンだったが、すでに車を乗り回していた。金田正太郎もかくやという早熟ぶりだが、この花形は、高校ではわずかに星の1年年長に過ぎない。つまり車に乗っていたのは10才に満たない時期だ。昔のマンガはすごい。
 さて、直球しか投げられないのだから、いくら速いとはいえ、巨人が喜んで穫るとは思われないのだが、そんなこととは全く違う理由でテストを受けて入団した星には、川上自ら、永久欠番である背番号16を飛雄馬に譲った。
 カーブもフォークも(この頃は落ちるたまはドロップだったが、投げ方がフォークとは違う)投げられない星が、体重が軽いという理由でボールも軽いという、あまり物理学的な根拠のありそうにない理由で、それまでほとんど打たれることの無かった豪速球を、花形にわずか1回ホームランされただけで、野球生命を絶たれたと思いこんでしまう。
 せいぜい変化球を学ぶくらいの頭を働かせて欲しいが、金田正一でさえ、マンガの中で、変化球を覚えたいという星を怒鳴っている。何ともかわいそうな男だ。
 ところが、カーブもスライダーも投げられないのに、大リーグボールという驚異的な変化球をひっさげて星は帰ってくる。考えてみれば、父親の一徹が巨人を追われる原因となった魔送球は驚異的な変化球だ。
 後にその技術を使った消える魔球では、落ちたあと再びホップするという、驚異的な変化球を星は投げまくっている。だが彼にはカーブは投げられない。スライダーも、シュートも、フォークも。なぜなら勉強したことがないからだ。・・・それ以上の変化球は投げているのに。
 大リーグボール1号だけでも、きっと名球会に入れる。2号が有れば鬼に金棒だ。しかも針の穴を通すコントロール。きっと世界一の名投手だし、17才からやっていれば、200勝は軽いはずだ。
 しかし正確が災いして、20才という早い時期に野球界を去ることになる。
 尤もあとで復帰しているが。
 さて、そんな飛雄馬が、オズマに野球人形と言われ、野球以外に能がないと言われるのだが、彼は実は星雲高校へはいるときも、それほど成績は悪くない。日雇い人夫の子だという理由で、入学を断られそうになるのだ。
 この日雇い人夫という言葉は、一時期作品から削除されていた。差別用語らしい。日雇い人夫と日雇い労働者、あるいは日払いバイト、時給労働者・・・・人夫というのが差別なのだろうか?よく分からない。
 確か星は、大リーガーに「リトルジャイアント」と言われて、伴に意味を訊くシーンがある。伴は「高校中退は悲しむべき」みたいなことを言って意味を教えてやるみたいな行だったと思うが、リトルジャイアントはたぶん中学生レベルの単語だろう。たとえ昭和30年代でも。ましてや読売ジャイアンツの選手だ。
 しかも、このときの伴の高校中退者に対する見方の方が、日雇い何とかよりも、よっぽど差別的な気はするが・・・・
 これは、片手落ちなどという言葉が、差別用語と言いながら、ブスを差別用語とはしない社会と似ている気がする。片手落ちという表現を使っている人が、片手を失った人のことを考えていることなど、ほとんど無いと思うが、ブスは直接的だ。よく考えてみれば、どちらも身体的特質に係わる言葉だが、敢えて言えば、後者は主観が入るという点だけだろう。
 閑話休題。
 今回は差別用語について書くつもりなど無かったのだが。
 おれは野球人形じゃないという星が、悩みつつ町で知り合ったファンだという男とドライブに行く。
 こんなシーンがあったのは覚えていなかったが、野球人形でないことを証明するために飛雄馬は、このあと、年俸のつり上げや、アイドルとのおつきあいなど、無理をして、直後日高三奈という、一生に二度と恋などしないと言える相手に巡り会うことになる。
 その前のアイドルの名前がオーロラ三人娘の橘ルミだが、この3人は「クールな恋」という歌を歌っている。彼女たちのヒット曲だ。・・・・この「しゃらららら」は一度聴いたら忘れられない、ものすごい歌だ。
 最近ではテレビで何かの番組で使っているらしい。
 実はぼくもこの歌は巨人の星の中では、オーロラ三人娘以外は歌っていないと思っていた。
 ところが、前述したファンの男が、星を乗せて、さらにそのあと女の子をナンパし、海までドライブし、ギターを弾きながら「白い珊瑚礁」を歌い、これが青春だ、象徴的に演じたあと、当時流行っていたゴーゴークラブに星を連れて行った。実は橘ルミとのデートでも飛雄馬はゴーゴーを踊るし、最後の方では、不良番長のお京に惚れた左門豊作までが、ゴーゴーバーでモンキーダンスを踊るのだが。
 そのクラブで、実は本家本元のゴールデンカップスの「クールな恋」が流れているではないか。
 いや、ただそれを発見してうれしかった。
 それ以上のことではないのだが・・・・