レ・ミゼラブル2

 昨日の続き。
 ミリエル氏のエキセントリックな所行は、極めて強い影響をジャン・バルジャンの上に落とすことで、物語の幕が開ける。これまで人を信じられずに生きてきたジャンは、この後のプティ・ジェルヴェの些細な一件をきっかけに、正義の人として生まれ変わる。
 ここで著者はジャンに非凡な才能(力と器用さ)を与えることで、彼を市長にまで登らせ、そこでジャベールとの劇的な出会いを設定する。法が全てで、権威主義的な傾向のある官憲ジャベールを、市長マドレーヌとしてのジャン・バルジャンと掛け合わせるのだ。
 ジャン・バルジャンはファンティーヌへの贖罪とと残されたコゼットのために、残りの半生を費やそうとするが、いみじくも彼自身のそれは安寧のためでもあるのだ。
 革命と恋愛、社会の底辺でうごめく悪党との絡みを経て、物語は進むが、実はその全てが結末への伏線である。
 パリを逃げまどうジャンとコゼット、コゼットとマリウスの恋愛、テナルディエとマリウスの関係、マリウスへのエポニーヌの片思い、登場人物が、これでもかというご都合主義的な運命の糸で縛られながら、それでいてそれを感じさせない力強さで走っていく。
 そして、革命のバリケード内でのジャンとジャベールの再会、マリウスの負傷という2つの出来事は、決定的な謎解きの解決編を準備するかのごとく、下水道の出口にテナルディエを潜ませる。
 ここまでをもし、丁寧に描いた映画が、ジャベールの死で物語を終わらせたり、一直線にコゼットとマリウスの恋愛とジャンの死という終焉を描いて終わるとしたら、これはもう、ユゴーも泣くに泣けない。
 最初の一つの山は、テナルディエがマリウスを訪れ、マリウスにとってのジャンの価値を、奈落から神の位地にまで引き上げるところで訪れる。ここはまさにユゴーの作家としての面目躍如という部分で、これまで張られてきた多くの伏線を、実に小気味よく使っている。そしてここからジャン・バルジャンの救いと死に向けて一気に突っ走る。
 最後に「司祭はここにおられる」という救いに満ちたジャン・バルジャンの死でこの小説は終わるが、コゼットの結婚以降がうまく描かれている映画はほとんど無い。
 それは恐らく、この作品がエンターテインメント以上の何かであるという錯覚から起きるのだ。しかし第一義、小説としてこの作品が持つ命足る部分は、この見事に綾取られたストーリーの妙だ。かなり強引な部分がたくさんあるが、昨今のミステリに比べたらかわいいものである。
 時として小説はごり押しとご都合主義によってかくも面白くなると言う典型であると思う。個人的な思いを述べるなら、ユゴーが必要と思って書いている、ナポレオン戦争の説明部分と、パリの下水道の歴史は蛇足の感は免れない。それがたとえ、ポンメルシー大佐とテナルディエの関係を描くためと、ジャン・バルジャンがマリウスを背負って下水道をくぐる大変さを強調するためであっても、である。
 ああ、一度、もっと活劇的なレ・ミゼラブルの映像を見てみたい。そして結末を勝手に解釈して、くだらない終わりにしていないやつを。
 デパルデューのドラマはそれでも良くできている方だとは思うが、物足りない。彼の「モンテクリスト伯」ほどひどくはないが、デパルデューがジャン・バルジャンらしくない。もっと厳つい悪党面で、普段悪役ができる人がいい。ジャン・ギャバンなんて、まさにイメージ通りだったのにな。これもよくできているが、どうもな。
 って、私自身が、どうも勝手に解釈しているのかな?
 いや違う。あれだけのストーリーを思いついたら、そのストーリーの読ませたいに決まっている。まず「レ・ミゼラブル」は小説だ。やはり極上のエンターテインメントなのだ。
 

レ・ミゼラブル1

 レ・ミゼラブルといえば、言わずと知れた「ああ無情」、ヴィクトル・ユゴーの名作小説だが、ミュージカルなどは最近では原作よりも有名かも知れない。映画化やドラマ化もたくさんされた。珍しいところでは、榎木孝明主演で原日出子がヒロインをやった昼メロ版もある。最もこれは、半分くらい「モンテクリスト伯」じゃないか?と思える節もあったが。
 さて、これだけ多く映像化されたり、多くの人に読まれていると言うことは、当然名作だからなのだが、この小説の真価はどこになるのだろう?
 かつて教科書にも「ミリエル氏の銀の燭台」の件は載っていて、あれはあれで、主人公ジャン・バルジャンのその後の人生を決めていく大きな出来事として、一貫して小説全体を流れる主テーマの、まさに最初のエポックとして素晴らしい場面である。クリスチャンでなくても、聖職者かくあるべき、そして至高なる美徳として納得できる。
 当然、「レ・ミゼラブル」は、社会の底辺で救い無く生きている様々な人間模様を描きながら、分けても「家族が生きるために」一切れのパンを盗んだというそれだけで、19年間の徒刑生活を送らねばならなかった男が、一人の神父に会ったことから、自分の後半生を人様に捧げて生きていく物語だ。作品の最後に「数奇な運命」とその墓碑に印されたごとく、まさに数奇な人生を送る男の物語だ。
 そこには神によって救われる人間という、抹香臭い(キリスト教でもこの表現は有効か?)テーマが延々と横たわり、それは信じる人たるジャン・バルジャンと、信じない人間ジャベールの二元的な対比で、最終的にジャン・バルジャンが勝つという軸で強烈に描かれている。
 割と最近上演されたアウグスト監督(だったと思う)のヴァージョンでは、まさにそこが強く強調されていて、まさにジャベールの死で物語が終わっていた。まあ、私に言わせれば、その一点だけであれは駄作なのだが、こういう描き方があってもいいのだろう。
 しかし私は、この作品が長く命脈を保ち、常に面白く読める最大の理由は、あれだけ余計な記述の多い(ナポレオン戦争の細かい描写や、パリの地下道の経緯など)作品でありながら、尚これが極上のエンタテインメント作品であるからだと思っている。エンタテインというのは人を楽しませること、すなわち娯楽と私は理解しているが、ある意味これは、一つの例として、物語を通じて思想や信条を読者に伝えることを主眼とする部分と対比させて考えている。
 小説が人の手によるものである以上、多かれ少なかれ、思想や信条、あるいはそこで訴えかけたい何らかの情報がそこに込められている場合が多いのは想像が付く。個人的な見解としては、娯楽部分がないがしろにされ、思想性が強く出過ぎた作品はどうも鼻につくので好きになれない。
 レ・ミゼラブルは一見、社会は小説のように見える。まして彼の時代背景や、その他の作品を読んだりすると、目的の多くはそこにあったに違いない。
 しかし彼は、この作品で、非常に大きな労力をエンターテインメントに割いている。
 そしてそれこそがこの作品を朽ちることのない名作として、時代を超えても読み継がれる作品にしている大きな理由だと私は考える。
 
 そして、ミリエル氏の教会の門を叩く場面は、まさにそのエンターテインメントの幕開けなのだ。
                                    以下 明日