ぼくは明日昨日のきみとデートする

標題のDVDを観て、いたく感動し、原作を購入して読んだ。このエントリーはその双方の感想。 「いたく感動」などと書いたが、文字どおりそうで、ぼくはこういう作品が好きらしい。 SFを読み始めたきっかけがどの作品かは既に忘れた …

ローダン NEO

昨月発売になった『ローダン NEO』の第1巻を読み終わった。  基本的なプロットとしては、正編の「宇宙英雄ローダンシリーズ」と同じで、月に行ったアメリカ人のローダン少佐が、月面でアルコン人と出会い、白血病のクレストを治療 …

「モーツァルトの旅」その2

 先日、台東区のミレニアムホールというところで上演された『モーツァルトの旅』を観てきた。これは、一昨年、大塚のホールで上演されたものの再演である。もう一度観たいと思っていたので、改めて観に行った。  前回とは若干キャスト …

「誤解を与える発言」という政治家の言い回し

 世間では稲田朋美が、自衛隊や防衛大臣として投票をお願いみたいなことを言って、様々なところから批判を受けている。  そして数時間後に、特に謝罪もなく 「その中で誤解を招きかねない発言があったことに関しまして、その誤解を招 …

受動喫煙法案への自民党たばこ議連か言うグループの案の不思議

 以前から思っていることだが、厚生労働省が求める「屋内全面禁煙」に対して、店が立ち行かなくなるからという理由で、自民党のたばこ議連というおじさんたちが(おばさんもいるのかな)出している、一定面積以下の店は禁煙室を作ること …

ローダンNEO

 ぼくが時々書くローダン(ローガンじゃないぞ!)、これは、アメリカの空軍少佐だったペリー・ローダンが、人類初の月着陸の時、異星人と出会い、彼らの目的であった「永遠の生命の星」を探し、元々探していた彼らアルコン人を差し置い …

Tomorrows Child / Full Moon

 80年代後半のバンド・・・らしい。  どこから手に入れたのか不明だが、1990年のライブを持っていた。  音はあまり良くなかったが、この曲だけよく聴いていた。  どんなバンドなのかもよく判らないが、イギリスのプログレバ …