ちっぽけな感傷 / 山口百恵

 息子がお母さんの曲をレコーディングして話題になっているが、山口百恵についてはトリビュートも含めて、個人的には全く面白くない。
 山口百恵は『としごろ』から『ささやかな欲望』までの10枚のシングルがベストなのだ!
 代名詞のような『プレイバックpart2』『いい日旅立ち』『秋桜』なんて曲はおまけみたいなものだ。『秋桜』なんてさだまさしバージョンの方がいい。
 千家和也+都倉俊一+馬飼野康二、これがゴールデントリオだ!千家の歌詞、都倉の曲、馬飼野のアレンジ、この全てが素晴らしい!
 なのになぜ、『ちっぽけな感傷』かというと(これは作曲も馬飼野康二なので)、好きだからだ。
 スター誕生を経て、森昌子、桜田淳子についでデビューした山口百恵は普通のアイドル歌『としごろ』がデビュー曲だが、2曲目の『青い果実』でガツンとかましてくれた。「あなたが望むなら、わたし何をされてもいいわ~」と、同い年の中学生歌われてみなさい。70年代の中学生はドキドキです。この後『ひと夏の経験』では、「あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ~」と歌ってるし。
 YouTubeにはアルバムバージョンしか無かったが、シングルバージョンの方がいい。この曲の歌詞には合うアレンジだ。

 とはいえ、この当時、ぼくは森昌子のファンだったのだけれど。


 スタ誕の出なので、基本的に歌はうまいわけだけど、だからといって抜群なわけではない。同い年であれば、森昌子や岩崎宏美の方がずっと上手い。でも、歌はそれだけでは無いのだ。山口百恵の持っている雰囲気は格別なものがある。
 アレンジでテンポ感が変わる「ほかの男の人は~」はとくにいい。

もちろん出来ないことだけど
あなたを嫌いになりたいの
傷つきあうのが恐いから
小さな心を痛めてきたの
なぜ愛されちゃいけないの
胸の奥も指の先も 感じてるのに
ほかの男のひととは
どこか違ってたわあなた
今すぐに消えて私の前から どうぞ
泣くのはどちらかひとりでいいわ
死ぬより悲しいことだけど
私を憎んでほしいのよ
求める気持が強いほど
ふたりはすべてを失くしてしまう
なぜ愛されちゃいけないの
黒い髪も白い耳も 感じてるのに
きっと私なんかより
いいひとがいるわあなた
今すぐに消えて私の前から どうぞ
泣くのはどちらかひとりでいいわ

アルバムでは『中学三年生』とか『乙女の祈り』とか、他人の歌も歌ってて、なかなかいいんだがな。
ちなみに『中学三年生』は森昌子、『乙女の祈り』は黛ジュンの曲。実を言えばここらの曲を聴くと、山布津百恵はあまり上手くないなと思ってしまうのだが、それでもいいのだ!黛ジュン抜群だぜ!それに百恵ちゃんまだ中学生時だし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です