Caledonia / Robin Trower

 ロビン・トロワーという人は、まぁ、ギタリストだが、歌も歌う。
 そもそもプロコル・ハルムのギタリストだったわけだが、プロコル・ハルムの尤も有名な曲『A Whiter Shade of Pale(青い影)』には参加していない。ファースとアルバムから参加しているにもかかわらず、この曲は弾いていないのだ。
 尤もぼくは、ソロになってから知ったので、ロビン・トロワーといえばギタリスト、そしてなぜかロリー・ギャラガーとかぶる。

 そんなロビンのソロ4枚目のアルバム『Long Mysty Days』に収められていたのがこの、『Caledonia』という曲で、FMで初めて聴き、週間FMで記事を読み、そしてしばらく買わなかったというアルバム。結果的に手に入れたのは、ベスト・アルバムでだった。
 ギターの泣くような音から入る、なかなかスピード感のある曲だが、内容はどうやらラブソング。彼唯一のヒット曲らしい。
 確かにこの曲は、ロビンの中でも異質だとは思う。ポップだし。

 でも、聴いて心地よければ何でもいいのだ。この曲はすごく心地いい。ソロパートなんて、何度聞いても飽きない。
 『Victims Of Fury』とかも好きだけど、でもやっぱ一番はこれだな。

Caledonia, Caledonia
Seeing you walk by
Make a river twist and shout
Shakes the birds right from the sky

Caledonia, who could own ya
Spirit of romance
Caledonia, Caledonia, dance

Caledonia, Caledonia
Your simple little greed
Make an inch of a loser’s wings
Make a fool right out of me

Caledonia, Caledonia
You make my senses fly
Give me reason to believe
And I don’t wonder why

Caledonia, Caledonia
Inside of my soul
Caledonia, Caledonia
We’ll move it slow
Caledonia, Caledonia
Caledonia, Caledonia

そしてロビン・トロワー、70歳を超えて、今も現役です。素晴らしい!

こいつは、MP3ダウンロードです。

まあ、生粋のロビンファンには、この曲はきっと邪道なんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です