デヴィッド・カヴァーデルとFacebook

David CoverdaleはWhitesnakeのヴォーカリストで、オーナーみたいなものだ。
彼のFacebookページがあるので、以前からフォローしていた。・・・このフォローという言葉、TwitterでもFacebookでもフォローでいいみたいですね。

おかげで久々に日本公演をすることを知った・・・行ってないけど。昔、まだミッキー・ムーディーとバーニー・マースデンがギターを弾いている頃、中野サンプラザまで行った記憶がある。今ではサンプラザも遠くないが、かつては埼玉県に住まいだったので1時間は近くかかった。まだ学生の頃だ。

そのデヴィッドが、先日からFacebookに自らのツィートを載せるようになった。

うざい!

更新しないTwitterならともかく、毎日何回もツィートする。しかも英語で・・・・
おかげでフォローの少ないぼくのFacebookは、半分以上がデヴィッド・カヴァーデールだ。何言ってるかもよく解らないし。

ならやめればいい、ということなのかもしれないが、基本はファンという悲しい性、それができない。以前のように適度に発言してくれればいいのに・・・

なので今日のブログは単なる愚痴です。

しかし、FacebookとTwitter似たようなもので、棲み分けしているんだから、混同しなくても。
ホームページやブログの更新ならいいけど。

とはいえ、同じ内容をFacebookで精力的にしていると考えればいいのかな?
それにしても友人が100人も10000人もいる人たちの画面てどうなっているんだろう?
単純な疑問です。

Leave a Comment