久々に政治ネタ。
 今日、民主党と自民党と公明党の賛成多数で、消費税増税法案が可決、衆議院を通過した。
 色んな人が書いていると思うので、ある意味ぼくのブログなど、愚痴レベルだが。
 
政治生命を賭けるという野田総理の意気込みは半分成就した形だ。尤も、彼の政治生命など、どうでもいいことではあるのだが。それは、原発を再稼働して、責任を取るというようなことをいわれても、神でも無いあなたには、もしものときの「責任」など取れるはずもないでしょう、というのと少し似ている。

 少なくとも、今回の採決には、ぼくは反対だ。
 小沢派の議員が言うように、理屈の上からは、増税派に非がある。なぜなら、かれらを選出したとき、有権者は増税はしないという文言他、マニフェストとやらを見て民主政権を成立させたからだ。
 ここでもしかし、反対してるのが小沢一郎と鳩山由紀夫という、どうにも好きになれない政治家と、どうにも信用できない政治家が上にいるところが釈然としない。
 鳩山の言ってることがどれだけ理に適っていようと、できないことでもやれるやれると言って結局できない金に不自由のない政治家の言っていることなど、どこまで行っても信用できない。辞めると言っても辞めない二枚舌だ。なら最初からいうなと思う。
 昔から思っているが、選挙の際は、当選させたい政治家と、絶対なって欲しくない政治家に投票できるようにしてもらいたいものだ。彼などその最右翼だ。
 小沢一郎に関して言えば、金と政治で起訴されたとかされてないとか、そんなことではなく、そのこれまでの政治手法がとても日本の旧態依然とした政治っぽく見えて、昔から嫌いだ。ただ、その上で時々いいことはいうので、そこは評価したい。
 今回も、その真意がどこにあれ、言ってることは間違っていない。

 現在の日本経済のために、消費税の増税が必要かどうか、野田氏が言うように「待ったなし」なのかどうかは、怪しいものだと思う。そもそも、湯水のように金を使って無くなったから、小遣い上げてといってるような気がして仕方ない。
 税金を上げることにはこれだけ必死になれるのに、議員定数削減やら、行政改革やら、そっちの方はやろうとしているように見えても、一向に政治生命を賭けるほどの気概はない。
 よその国から金を借りまくってるギリシャとは違うのだ。国債を買っているお金持ちの日本人は、国債で儲かっているのだ。
言ってみれば、その金利を、他の人間もみんな均等に負担してよね~ってなことだ。

 まず他にやることがあるだろうという言葉は、自民党政権の時以来、政府にもの申す常套句の一つで、もはや狼が来ている。誰もできると思ってないんじゃないか?
 議員の定数削減なんて、歳費を大幅に減らして、政治家をボランティア同然にすれば、簡単にできる。尤も、利権構造を変えなければだめだが。・・・金のかからない選挙だって、インターネットを活用させるとか、いくらでも方法はあるだろう。が、そういうこともほとんどやる気はないらしいし。

 政治家の多くが、若かりし頃、大志を胸にその道を志したに違いない。だが、一旦付いたその職にはなぜかしがみつきたいようで、定数削減などしたがらない。少数政党が嫌がろうとも、ぜひにもやるべきだ。
そして、比例代表という、国民の意志の通わない選挙制度も、さっさとやめてもらいたい。利点はあっても、弊害の方が大きい。

 とはいえ、政治の勉強もしたことはないし、自ら政治家になる意欲も知識も無い。それでも国民の一人だ。なので、ブログで言いたい放題(見当違いのことも言っているはずだが、そこはご容赦)。
 ところで、民主、自民、公明・・・大きな政党はみんな消費税を上げたがっている。まず景気をよくして税収を上げようとは、思っていないと言うことだ。いや、そう言えば、そんなことはないと言うに決まってるが、結局そういうことだろう。
 となれば、次の選挙って、どこに入れればいいんだろう?ますます混迷の政党支持。

 あ、ちなみに、ぼくは税金を全て(一部無理なものはあるかもしれないが)、消費税にして、所得税も、住民税も、健康保険も、国民年金も全部やめてしまえ・・・という意見を持っているので・・・・あくまでこのタイミングでの消費増税に反対と言うだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です