「Living in Oz」は、リック・スプリングフィールド(Rck Springfield)の、たぶん7枚目くらいのアルバムだ。最初の発売は1983年。

リックはオーストラリアのロック歌手で、アメリカに渡った後、テレビドラマでもブレイクしたらしい。たぶん、最も有名な曲は「ジェシーズ・ガール(Jessie’s Girl Springfield )」とか、その前の「アメリカン・ガール(American Girl )」 なのだと思う。

「Living in Oz」は、その「ジェシーズ・ガール」が入ったアルバムの次に発売され、10曲が収録されていた。1,3,8がシングルカットされていた。

80年代らしいポップ感覚があるアルバムだが、もう少し骨太で、ハードだ。5と10がバラードというか、静かな曲だが、他はハードチューンだ。
ぼくはこの中の「ソウルズ(Souls)」が大好きで、アルバム以外にビデオも手に入れた。今でも聴いている。
都会から出てきた男がスターになって、それを田舎の彼女が追いかけてきて、結局そちらに落ち着く的なビデオだが、たぶん歌の内容もそんな感じだ。ただのポップスだと言ってしまえばそんなものだが、この曲を聴いて、すばらしいメロディーメーカーだと思ったものだ。「two souls searching for each other, one spilit looking for the other.」というサビのメロディがとてもいい。アルバム全体でも、あまり捨て曲はないが、個人的には、4,10がソウルズに続く。
YoutubeでPVを探したが、見つからなかった。だが、別の女性が歌ったのを見つけた。たぶん子供番組で歌っているのだが、これはこれでなかなかよい。

Living in Oz

1. Human Touch
2. Alyson
3. Affair of the Heart
4. Living in Oz
5. Me & Johnny
6. Motel Eyes
7. Tiger by the Tail
8. Souls
9. I Can’t Stop Hurting You
10. Like Father, Like Son

CD情報
Amazonで購入
Amazonで購入
国内盤

HMVで購入
icon

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です